結着式増毛法1

1c546275a9f75a9fd5f5e0a0990a7884_ss-sコピー

青年期といわれる、14才〜24才頃というのは、

 

”将来の不安を抱える多感な時期”です。

 

まだ髪が薄くなくても、

 

”俺は禿げるかもしれない”という道は、

 誰もが体験します。

 

繰り返して言わせていただきたいのですが、

 

男なら、少なからず誰でも経験することです。

 

その不安と恐怖にかき立てられ、

 

”  ノイローゼ  ”になる人も少なくありません。

 

ノイローゼというのは、

 

”ある種の精神病”

 

なわけですが、

 

” ヒマ ”か” マジメ ”な人に多いとわかってきました。

 

なぜなってしまうのか。

 

”もしかしたら俺薄くなってるかも・・・。

 

と自ら気にしている点について、、

 

何らかの言葉を聴いたり、見たりすると、

 

心に” トゲ “が刺さります。

 

最初は小さく、とても小さいトゲです。

 

 

トゲが刺さって、抜くことができない。

このトゲを(抜こう抜こう)と思いながらも、

 

なかなか抜けない。

 

抜こうとはしているけれども、どんどんそのトゲは深く刺さっていくばかり。

 

”ついつい考え過ぎてしまう時間がある”

からです。

 

自分1人で居食しているわけではありませんし、

時間があって当たり前です。

 

勇気を出して人に相談しても、

 

「べつに薄くなってないよ」とはよく言われるものの、
トゲが刺さっている状態だから、なかなか信じられないのです。
このトゲを抜きたいけど抜けない。

 

答えは、あります。

 

誰かに抜いて欲しいと思っている限り、

 

”絶対に抜けない”

 

自分で抜こうと思ったその瞬間、

 

”いとも簡単に抜ける”

 

という事実です。

 

「何だ思い違いだったか。もう気にしないようにしよう」

となれば良いのですが・・・。

 

それでもどうしても信じられない人は、

 

先ず《結着式増毛法》を試せば良いと思います。

 

yuichaku

 

 

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

認証コードを入力 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.